高知県「地図上に表示する訪日向けガイド動画」初公開

投稿日: カテゴリー: プレスリリース
国内最大級のマップコレクションアプリを運営する ディグランド株式会社は、高知県の支援を受け制作した「訪日旅行者向けの地図コンテンツ」を初公開したことをお知らせします。

 

■マップコレクションアプリDigroundとは

地図上の好きな場所に、写真やコメントを投稿しながら、オリジナルのマップを作成・共有できるアプリケーション・サービスです。作成したマップは、連動するWEBページやアプリケーション上で公開することができます。日本テレビ「ZIP!」「月曜から夜ふかし」などで紹介され人気を集め、現在までに制作されたマップ数は15,000枚を超えています。

 

■高知県×ディグランド社「訪日向けメディア」
ディグランド社は、高知県による1年間の継続支援を受け、実証実験に取り組んできました。高知県内の観光スポットに、香港籍と台湾籍のインスタグラマーを派遣してガイド動画を撮影。地図上でガイド動画を視聴できる仕組みの構築を行い、マップコレクションアプリDiground上で公開を開始しました。動画の撮影にあたり訪日向けメディア「Wafoo – 玩日本」を運営する結.JAPANの協力を受け、より訪日旅行者のニーズを反映したコンテンツ制作を実現しています。また、制作したコンテンツを周知するため、高知駅前の観光情報発信館「とさてらす」や、高知県産学官民連携センター「ココプラ」など高知県内の複数箇所でリーフレット(繁体字)の配布を実施します。

 

■ガイド動画×地図コンテンツ制作の背景
高知県では、中国語をはじめとする5か国語の通訳案内士が1人も登録されていない状態(H28.4.1現在)であることから、訪日旅行者の回遊性が伸び悩む理由の一つとしてガイド不足が想定されます。スマートフォンの地図上で、ガイド動画を視聴できる多言語コンテンツを提供開始することにより、訪日旅行者のアクセスが伸び悩んでいるエリアへの回遊性の向上を目指します。

 

■今後の展望
オリジナルのMAPを制作・公開できるサービスとして拡張をつづけるDigroundアプリの今後の展望として、「1.制作 2.公開 3.販売」まで同サービス上で一貫できる仕組みを提供していきます。ユーチューバ―やインスタグラマーの動画コンテンツを撮影スポット単位に分解、地図上で視聴できるようにすることで、旅行者に向けた新たな価値提供を実現します。また、動画制作者への新たな稼ぎ口とすることでプラットフォーム化を目指していきます。

現在、一定の条件をクリアしたユーザーはDigroundクリエイターとして登録することができ、公開しているMAPに販売価格を設定して販売することができます。制作したMAPが購入された場合、販売価格の約50%(※詳しくは利用規約をご確認ください)が収益としてMAP制作者に還元される仕組みです。地図×動画コンテンツの収益化により、地域のプロガイドが育つ基盤を整え、地方創生の加速に貢献します。

※Digroundではクリエイターを随時募集しています。ご希望の方は、後述のお問い合わせ先より、お気軽にご相談ください。審査の結果、ご期待に添えない場合がございますので、ご了承ください。

 

■高知県内で成果報告会を開催
高知県内での実証実験等の報告会を下記イベント「Biz Fes KOCHI」内で実施予定です。

日時:2018年3月17日(土)10:00-18:45
場所:高知県立大学・高知工科大学 永国寺キャンパス 地域連携棟(予定)
対象:どなたでもご参加いただけます
参加費:無料
URL: http://startuppark.org/program/bizfeskochi/

 

■アプリインストールはこちら
(iOSアプリ)
https://itunes.apple.com/jp/app/diground-digurando/id1081243587?mt=8?PR
(Androidアプリ)
https://play.google.com/store/apps/details?id=dev.android.version.diground&hl=ja

※アプリのログイン後、ギャラリー▶クリエイタータブ▶各種MAP取得より、ガイドMAPをご利用いただけます。

 

■自治体・観光協会のみなさま
「地図まとめサイト」等の検索キーワードでNo.1表示される日本最大級のマップコレクションアプリDigroundでは、地域のプロモーションを後押しするため、公式MAP等の制作をお手伝いしています。お気軽にご連絡ください。

 

■お問い合わせ先
ディグランド株式会社
担当:安部
TEL: 03-4405-6802
Email: info@diground.com